フィリピン留学のマンツーマンはどんなレッスンをやるの?

Pocket

フィリピン留学といえば、マンツーマンレッスンです。

ご存知の方も多いと思いますが、マンツーマンレッスンとは1対1でおこなうレッスンのことで、

フィリピン人講師が初心者の方へもかなり丁寧に教えてくれます。

フィリピンのほとんどの学校は、このマンツーマンレッスンを1日3-5コマ用意しています。

ただ実際どんな授業内容かわかりづらいと思いますので、動画を使いながらご説明していこうと思います。

 

授業風景

早速マンツーマンの様子をご覧ください↓

 

どちらもかなり楽しそうに授業が進行されてるのがお分かりになるかと思います。

フィリピン人講師は南国の気質でかなり明るい先生が多くて、授業も日本の様な「とりあえずノートに書きまくる」受動的な授業ではないんです。

マンツーマン授業では「会話」を一番重視していますので、最初に全く話せない初心者でも、先生が丁寧にうまーく会話を盛り上げてくれて非常に楽しい授業構成になっています。

どんな先生がいるの?

 

ほとんどの学校は女性の講師が8割から9割と女性の割合がほとんどです。

残りは男性講師ですが、フィリピンにはなぜか中性的な先生もたくさんいます(笑)

※↑中性的な先生は、楽しい方が多くて学校でもかなり人気の講師です。

 

年齢は半数以上が20代で、30代40代の先生もちらほらいます。

フィリピンでは子どもをたくさん産む家庭が多いので、皆子育てをしながら学校で勤務しています。

 

マンツーマンのレッスン内容

授業がスタートする前に、レベルチェックのテストがありますので、マンツーマン授業の内容もその方のレベルに合わせた内容となっています。

話す・聞く・読む・書くの英語に必要な4技能を全てここで学ぶ事ができます。

よく、「英語が全く話せないから不安」という生徒もたくさんいますが、講師がゆっくり授業を進行しますのでご安心下さい。

※教材は学校によって異なりますので、お問い合わせください。

以上がマンツーマンレッスンの主な内容ですが、「実際どのようなレッスンなのか体験したい!」という方へは

無料オンラインレッスンもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。